サマリーde宝箱

【Gallup記事】”伝統的なマネージャーの終焉”

従来のマネジメントは、もうおしまい!?

今回サマる記事は、
”伝統的なマネージャーの終焉”
(原文:The End of the Traditional Manager MAY 31, 2018)
です。Gallup Web Siteで、2018年に最も検索された記事です。

「サマリーde宝箱」はイキイキとしたチームづくりや、個人の強みを引き出すために役立つ、記事をご紹介するコーナーです。

ストーリーハイライト

  • 従来の管理方法は時代遅れ
  • リーダーはマネージャーに新しいツールを装備しなければならない。
  • 未来のマネージャーは、我々が慣れ親しんだものとは似ても似つかないかもしれない。

ワークプレイスは急速に進化しています。過去数十年と比較して現在のワークプレイスは以下のように定義されています。

  • より柔軟なワークスペース:従業員の74%は、別の場所に移動して作業を行うことができる。
  • より柔軟な勤務時間:従業員の52%が、勤務時間について何らかの選択肢があると回答
  • 遠隔地での作業の増加:43%の従業員が、少なくとも一部の時間はチームから離れて仕事をしている。
  • マトリックス化されたチーム:84%の従業員はある程度マトリックス化されている。

この新しい流動的なワークプレイスは職場の環境だけではありません。仕事は、ますますプロジェクトベースになっており、今日の従業員は興味深い問題や有意義な仕事に魅力を感じています。

プロジェクトベースの職場環境において、企業が求めているのは、自信を持って自主的な意思決定ができ、多様な仲間と一緒に問題を解決し、自分の時間、プロジェクト、仕事量、人間関係、キャリアパスを自分で管理できる社員です。

暗黙のうちに、あるいは明示的に、企業は従業員に "自分の上司になる "ことや、これまで "管理 "されていたことを自分で行うことを期待しているのです。

このような職場の変化により、従業員が上司に求めるものも、変化しています。

要するに、常に目を光らせ、分刻みで監視し、メモを取ったかどうかを尋ねてくるようなマネージャーは、時代遅れになりつつあるということです。

Under New Management ―新しいマネジメントのもとで

人々が職場でより多くの自主性を持つと何が起こるのでしょうか?

実証的な証拠によると、人々が職場での自主性を高めると、パフォーマンスと従業員エンゲージメントが向上し、失敗に対する感受性が高まるという相関関係が示されています。言い換えれば、自律性は従業員のパフォーマンスとエンゲージメントの向上につながるが、従業員は困難な状況下でマネージャーのサポートを必要としているということです。自律性を提供するマネージャーこそが求められているマネージャーなのです。

マネジメントには新しいルールが存在し、従来のマネジメント手法が通用しなくなっていることも少なくありません。例えば、多くの場合、マネージャーがリモートワーカーに期待することは、オフィス内で一緒に働く従業員に期待することと同じであると仮定していますが、この2つのタイプの従業員を分けている現象が1つあります。リモートワーカーの職場での孤立感は、21%ものパフォーマンスの低下につながる可能性があるということです。

現実には、従来の管理方法では現代の労働力を管理することはできないのです。

今日のマネージャーは、部下の人材開発と成長を奨励しながら、責任を持たせ、コーチとしての役割を果たす必要があるのです。マネジメントの多くが自動化されている現在、人間であるマネージャーに残されているのは、マネージャーが持つ最も強力なツールである有意義な会話(Meaningful Conversation)です。

あなたのお気に入りのスポーツコーチと、彼らがスター選手とどのようにコミュニケーションをとっているかを考えてみてください。彼らは何時間もの対話を通じて、選手を深く理解しています。彼らは、より多くのフィードバックを必要とする選手、より少ないフィードバックを必要とする選手、それぞれの選手のモチベーションを高めるために何を言えばいいのかを知っているのです。時間をかけて、偉大なコーチは、プレッシャーの下で厳しい対話をするのに必要な信頼を獲得し、何を言い合ってもいい、という関係性を構築します。

しかし、ほとんどのマネージャーは、従業員との対話へのこの種の個人的なアプローチの準備ができていません。組織は、社員との定期的な会話の中で、強みをベースにしたパフォーマンス重視の会話をどのようにリードするかについて、管理者のトレーニングを提供する必要があるのです。

The Future of Management ―マネジメントの未来

古いルールはもはや通用しません。リーダーは未来のより自律的な労働力のために、マネジメントを再発明(Re-invent)する必要があります。優秀な従業員は、一人の「マネージャー」を持つのではなく、技術の専門家、対人関係の第一人者、キャリアコーチなど、それぞれの専門領域を持つマネジメントチームと交流することになるかもしれません。長期的なキャリア開発に特化したマネジメントドリームチームの指導を受けられるチャンスは、有能な求職者にとって強力な魅力となるでしょう。