サマリーde宝箱

【Gallup記事】”フィードバックだけでは十分ではない”

マネジャーからメンバーへ、そのフィードバックで本当に足りていますか?

今回サマる記事は、
フィードバックだけでは十分ではない

(原文:Feedback Is Not Enough;May 16, 2019)
2019年に、Gallup社の記事の中で最も読まれた記事です。

「サマリーde宝箱」はイキイキとしたチームづくりや、個人の強みを引き出すために役立つ、記事をご紹介するコーナーです。

ストーリーハイライト

  • 従業員に役立つフィードバックを提供するマネージャーはほとんどいない
  • マネージャーは過去に焦点を当てたフィードバックから未来に目を向けたコーチングにシフトする必要がある
  • コーチング上の優れた対話は双方向である

Gallupは、『受け取ったフィードバックが仕事の効率化に役立つことに強く同意している従業員は26%に過ぎない』ことを明らかにしました。これは、フィードバックが期待どおりに機能していないことを示しています。

現代のビジネス課題に対する完璧な答えが1つになることはほとんどありません。

組織は、過去のトップダウン型からより分散化され、マトリックス化され、アジャイル的であるため、マネージャーが従業員の行動に正誤をつけることはできません。また、多くの専門的な状況下で、成功結果は顧客やチームやベンダーとの感情的な要因に基づいています。

Great Managers Lead Great Conversations
-優れたマネージャーは優れた対話をリードする-

マネージャーがフィードバックをまとめて提供するのをやめるべきだと言っているのではありません。過去のパフォーマンスを振り返り、その進捗の状態について議論することが重要であることは間違いありません。優れたマネージャーは、将来の従業員に役立つトピックを観察、聞いて、積極的に予測することにより、コーチングを次のレベルに引き上げます。優れたコーチのように、優れたマネージャーは常に次のプレー、次のゲーム、次の勝利について考えており、将来に焦点を当てた対話を続けていくのです

Great Coaching Conversations Are a Busy, Two-Way Street
-優れたコーチング上の対話はせわしない、双方向のやりとりである-

頻繁で意味のある対話は、コラボレーションと魅力的なパフォーマンスを促進するための鍵であり、従業員に思っていた以上のことを達成するように促すことが可能です。このような素晴らしい対話は難しい対話も簡単になるため、チームメイトとの理解と信頼をまだ築いていない場合、多様性と包含、給与、昇進、パフォーマンス不足などのデリケートなトピックに対処することは、すべて恐ろしく感じるでしょう。

Learn From the Best Manager You've Ever Had (or Wish You Had)
-あなたがこれまでに持っていた(またはあなたが持っていたかった)最高のマネージャーから学ぶ-

今日のマネージャーは、すべての状況で専門家であるとは限らないが、対話を形成し、継続的な改善につながる方法でサポートを提供することができます。

また、リーダーは、これらの行動を自分でモデル化することでマネージャーに教えることができます。これらを一貫して行うことで、リーダーはマネージャーが話したい素晴らしいパートナーになることができます。

  • 従業員のことをより勉強する
  • 質問をする
  • 聴く
  • 彼らに最高のアイデアをもたらすように励ます。
  • 彼らが自分の強みを発揮するのを手助けする

リーダーは、これらのスキルがほとんどのマネージャーに自然にもたらされるわけではないことを理解する必要があり、ロールプレイまたは現場で教えられ、時間をかけて開発される必要があります。